TheGameIsOn

ゲームの事を浅ーくヌルーく語るブログ

これ知ってる?センスが優れたiPhoneアプリ・ゲームを紹介

f:id:BL-beginner:20170628200524j:plain

僕はiPhoneユーザだ。仕事ではandroidも使うし仕事用のiPhoneも使っている。都合4台使っている。それぞれの端末は、全く共通化しようとしていない。インストールするアプリも登録しているアカウント情報などもてんでバラバラ。

 しかし、iOSには共通でインストールしてしまっているアプリゲームがいくつかある。どの状況でも触りたくなると云う事だ。そんなアプリゲームを紹介してみようと思う。いずれも優れてはいるが、トップ・セールスのランキングに登場する事はほぼない。しかし素晴らしいコンテンツばかりなので、自信をもってオススメしたい。

Mini Metro

Mini Metro

Mini Metro

  • Dinosaur Polo Club
  • ゲーム
  • ¥600

地下鉄の路線を来るアクション・シミュレーション・ゲームだ。言葉にするとなんともチープでツマラナソウに感じるかもしれないが侮ってはいけない。優れたインタフェイスと演出で、何度でも繰り返し遊べた上に、しっかり自分なりの攻略も可能な、奥の深いゲームデザインに仕上がっている。単純で奥が深いのだ。そんな形容が出来るゲームは名作と呼べるだろう。何気なく駅を繋いでいくだけで、こんなにも美しい路線図になるのか、と驚くに違いない。また実在する都市を舞台にしており、現実とのギャップを楽しむ事も出来る。

Monument Valley2

Monument Valley 2

Monument Valley 2

  • ustwo Games Ltd
  • ゲーム
  • ¥600

美しいビジュアルと物悲しい演出が、独自の世界観を表現していた名作「モニュメント・バレイ」の続編が発表された。前作はあまりに面白くて購入後するにクリアしてしまっていたが、時折プレイしたくなってまた最初からクリアまでプレイする、と云った事を繰り返していた。なので正式な続編のリリースは大変嬉しい。前作同様、適度な難易度とパワーアップした演出に唸らされる。クオリティの高さから、売り切り600円と云う値段は安過ぎると感じる程だ。

Vertigo Racing

Vertigo Racing!

Vertigo Racing!

  • Deep Byte Studios
  • ゲーム
  • 無料

 androidもリリースされているタイトル。よくあるレースゲームと違い、このタイトルも独自の世界観を拘りたっぷりに表現している。ゲーム自体はアクセルとブレーキのみと云うシンプルさだが、ゲームそのものは奥が深い設計になっている。また繰り返しプレイする事が苦痛にならないような工夫がなされていて、ついつい連続プレイしてしまうのだ。またBGMも含め、全体的に50'sあたりのレイドバックしたムードに統一されているのも個性的で良い感じ。本作もまた、シンプルで奥が深い良作である。

Tap Titans2

Tap Titans 2

Tap Titans 2

  • Game Hive Corp.
  • Games
  • Free

所謂「クッキークリッカー型」の、タップ系放置ゲームの続編だ。やる事は放置orタップのみ。定期的にBOSSに相当するキャラクタが登場するので、その時はスキルを使うなどして討伐を目指す。またタップによって貯めたゲーム内通貨で仲間を追加し、自分や仲間のLv.上げ、スキルを習得し、スキルLv.を上げ、と成長要素は多い。また本作から追加された「ペット」機能により、タップ攻略(?)に幅が出た。また、地味ながらも各キャラクタの物語も追加されていく。ゲーム性は皆無に等しいが、放置しながらキャラクタを成長させるのは楽しい。インタフェイスはシンプルながらも直観的で扱い易いのもポイントだ。

Sourcery!1~4

Sorcery!

Sorcery!

  • inkle
  • ゲーム
  • ¥600
Sorcery! 2

Sorcery! 2

  • inkle
  • ゲーム
  • ¥600
Sorcery! 3

Sorcery! 3

  • inkle
  • ゲーム
  • ¥600
Sorcery! 4

Sorcery! 4

  • inkle
  • ゲーム
  • ¥600

かつて「ゲームブック」と云うジャンルに於いて名作として名高い「ソーサリー」シリーズのアプリ版コンテンツ。原作の通り4部作構成となっており、最終話が2016年09月にリリースされたのだ。原作が書籍であったのだから、単なる読み物だと思う事なかれ。アプリ版独自のアレンジが施されているにも関わらず、空期間は「あの頃」のままなのだ。この事は、原作に対する強いリスペクトがあってこその結果だと思う。書籍では表現出来なかった事がアプリ版で完成した、とさえ感じる程だ。残念ながら全て英語版のみではあるが、もし原作を知っているのなら是非チャレンジして欲しい。概ね理解デキルようなシンプルな英語で、ネイティヴでなくとも充分プレイが可能だろう。RPGの原風景がここにあり、正に「起源にして頂点」だ。ただし、全てを購入すると合計金額は¥2,400-なのでそのつもりで。

【番外編】Figure

Figure

Figure

  • Allihoopa
  • ミュージック
  • 無料

最後にゲームではないが、素晴らしい体験を提供してくれるアプリを紹介したい。作曲アプリである本作は、しかしまるでゲームをプレイするかのような体験を提供してくれる。基本的な音楽知識のあるなしで最初のとっかかりは大きく差が出るかもしれないが、一度内容を理解すると曲を作るのが楽しくて仕方ない状態になるはずだ。難しい楽典などを理解していなくとも、直観的なインタフェイスでどんどん作曲出来てしまうので、時間を忘れて弄ってしまった。作曲したデータは、もちろん外部出力が可能。iTunesを介したPCへのアウトプットとなるので、PCに取り込んだあとは自由に加工すればいいのだ。

最後に

いかがだったろうか。スマートフォンと云うデバイスの特性を上手く活用した良作、と感じていただけただろうか。今後もお気に入りの、ちょっとクセがあるアプリゲームを紹介していこうと思う。■■